製品・サービス

トップページ > 製品・サービス

製品・サービス

ご提案できる省エネ

工場・店舗・事務所・事務所ビル

店舗や工場、事務所ビルやオフィス等、高負荷の需要家のお客様は、使用エネルギーが大きければ大きいほど、現状をより細かく把握することで、より大きな省エネ効果を期待できます。昨今、照明や空調機など、様々な機器は大きく進化を遂げ、たった10年前の機器でも約半分の電力で稼働可能なものも有ります。節税制度や助成金等も組み合わせ、お客様の立場に立った最適な提案をさせていただきます。

店舗の場合

低電圧(電灯・動力)でご契約

テナントの共有部は、来店されるお客様の為に常時多くの電気を使用しています。共有部の電気料金契約、既設設備を見直すだけで、約30~60%「省エネ・省コスト」ができ、つまり結果利益に還元できます。中には現在の共有部契約を電化上手に変更でき、破格の省コストが実現できる場合もあります。各テナントやご入居の業者様もご相談下さい。

① 電子ブレーカー
共有部の電気料金契約は、負荷設備の積み上げによる負荷契約になっています。電子ブレーカーを使用し契約変更し、今までの半分ほどの契約料金に変え、格安で電気を安定的に使えるシステムです。
② 蓄熱暖房機
蓄熱暖房機を使用し、共有部において100Vの電気料金を、「従量電灯C」から電化上手に契約変更することができ、基本料金・使用電気料金を安くするシステムです。
③ スーパーコンデンサ・・空調機が大型機器の場合
業務用の空調機は高価なため、旧型な為、劣化や効率が悪い機器を使用していても導入コストが高価で難しいが、非常に安価なスーパーコンデンサを導入する事により、劣化による過負荷なコンプレッサーを助け、冷媒ガスを専用の物に入れ替えることにより、20%の「省エネ・省コスト」を実現します。
④ 旧型空調機の更新・・10年~15年前のものは約50~80%節電可能
現在の空調機は、上記の物と比べ非常に省エネ・省コストになっており、旧型の機器はコンプレッサー等の劣化によりかなり効率が落ちていて、現状を維持するために高負荷になり電気料金を圧迫しています。
⑤ 照明器具の変更
水銀灯、電球、蛍光灯をLEDやメタルハライド灯など、高効率の照明に交換することにより、導入費用に比べランニングコストで大きく還元が可能です。
⑥ 生産性向上設備導入による減税措置の活用
中小企業投資促進税制や生産性向上設備投資促進税制を行使することにより、結果、新規設備導入費用をより軽減できます。
⑦ その他既設設備、使用方法の見直し
夜間照明の点灯方式や、センサーを使用し、さらには自助努力を行うことにより、無駄な電気をカットします。
高圧電力(業務用電力)でご契約

電力会社の見直しや、既設設備を見直すだけで、約6%~40%利益に還元できます。しかも、導入コスト0円の物もあります。中には現在の契約によっては低圧受電に変更でき、破格の省コストが実現できる場合もあります。

① 新電力(PPS)
東京電力から購入している電気を他の電力会社から安く購入し、安くなった電気料金分をオーナー様や管理組合様に還元するシステムです。
② 電子ブレーカー
共有部の電気料金契約は、負荷設備の積み上げによる負荷契約になっています。電子ブレーカーを使用し契約変更し、今までの半分ほどの契約料金に変え、格安で電気を安定的に使えるシステムです。
③ 蓄熱暖房機
蓄熱暖房機を使用し、共有部において100Vの電気料金を、「従量電灯C」から電化上手に契約変更することができ、基本料金・使用電気料金を安くするシステムです。
④ スーパーコンデンサ・・空調機が大型機器の場合
業務用の空調機は高価なため、旧型な為、劣化や効率が悪い機器を使用していても導入コストが高価で難しいが、非常に安価なスーパーコンデンサを導入する事により、劣化による過負荷なコンプレッサーを助け、冷媒ガスを専用の物に入れ替えることにより、20%の「省エネ・省コスト」を実現します。
⑤ 旧型空調機の更新・・10年~15年前のものは約50~80%節電可能
現在の空調機は、上記の物と比べ非常に省エネ・省コストになっており、旧型の機器はコンプレッサー等の劣化によりかなり効率が落ちていて、現状を維持するために高負荷になり電気料金を圧迫しています。
⑥ 照明器具の変更
水銀灯、電球、蛍光灯をLEDやメタルハライド灯など、高効率の照明に交換することにより、導入費用に比べランニングコストで大きく還元が可能です。
⑦ デマンド監視装置
高圧受電の基本料金の削減に必要不可欠です。
当社がご提案するデマンド監視装置は他社が30分に一回の計測に対し、1分に一回の計測を行い、クラウド型にすることで、スマートフォンなどでも電力使用状況を確認でき、目標値を越えた場合にもすぐに対応出来ます。
以後の契約電力の目標達成や、日々の使用電力の監視、自助努力に大変お役に立ちます。
⑧ 生産性向上設備導入による減税措置の活用
中小企業投資促進税制や生産性向上設備投資促進税制を行使することにより、結果、新規設備導入費用をより軽減できます。
⑨ その他既設設備、使用方法の見直し
夜間照明の点灯方式や、センサーを使用し、さらには自助努力を行うことにより、無駄な電気をカットします。
●見直し箇所とご提案
現在のご契約電力を分析し、必要最低限の契約にし直す。
・これは、現在の契約電力の1年間の使用電力状況を、東京電力の請求書をお客様から頂き、尚且つデマンド装置を取付し使用状況を分析します。

施設・ビル・マンション等

低電圧(電灯・動力)でご契約

テナントの共有部は、来店されるお客様の為に常時多くの電気を使用しています。共有部の電気料金契約、既設設備を見直すだけで、約30~60%「省エネ・省コスト」ができ、つまり結果利益に還元できます。中には現在の共有部契約を電化上手に変更でき、破格の省コストが実現できる場合もあります。各テナントやご入居の業者様もご相談下さい。

① 電子ブレーカー
共有部の電気料金契約は、負荷設備の積み上げによる負荷契約になっています。電子ブレーカーを使用し契約変更し、今までの半分ほどの契約料金に変え、格安で電気を安定的に使えるシステムです。
② 蓄熱暖房機
蓄熱暖房機を使用し、共有部において100Vの電気料金を、「従量電灯C」から電化上手に契約変更することができ、基本料金・使用電気料金を安くするシステムです。
③ スーパーコンデンサ・・空調機が大型機器の場合
業務用の空調機は高価なため、旧型な為、劣化や効率が悪い機器を使用していても導入コストが高価で難しいが、非常に安価なスーパーコンデンサを導入する事により、劣化による過負荷なコンプレッサーを助け、冷媒ガスを専用の物に入れ替えることにより、20%の「省エネ・省コスト」を実現します。
④ 旧型空調機の更新・・10年~15年前のものは約50~80%節電可能
現在の空調機は、上記の物と比べ非常に省エネ・省コストになっており、旧型の機器はコンプレッサー等の劣化によりかなり効率が落ちていて、現状を維持するために高負荷になり電気料金を圧迫しています。
⑤ 照明器具の変更
水銀灯、電球、蛍光灯をLEDやメタルハライド灯など、高効率の照明に交換することにより、導入費用に比べランニングコストで大きく還元が可能です。
⑥ 生産性向上設備導入による減税措置の活用
中小企業投資促進税制や生産性向上設備投資促進税制を行使することにより、結果、新規設備導入費用をより軽減できます。
⑦ その他既設設備、使用方法の見直し
夜間照明の点灯方式や、センサーを使用し、さらには自助努力を行うことにより、無駄な電気をカットします。
高圧受電(自家用・業務用)でご契約

電力会社の見直しや、既設設備を見直すだけで、約6%~40%利益に還元できます。しかも、導入コスト0円の物もあります。中には現在の契約によっては低圧受電に変更でき、破格の省コストが実現できる場合もあります。

① 新電力(PPS)
東京電力から購入している電気を他の電力会社から安く購入し、安くなった電気料金分をオーナー様や管理組合様に還元するシステムです。
② 電子ブレーカー
共有部の電気料金契約は、負荷設備の積み上げによる負荷契約になっています。電子ブレーカーを使用し契約変更し、今までの半分ほどの契約料金に変え、格安で電気を安定的に使えるシステムです。
③ 蓄熱暖房機
蓄熱暖房機を使用し、共有部において100Vの電気料金を、「従量電灯C」から電化上手に契約変更することができ、基本料金・使用電気料金を安くするシステムです。
④ スーパーコンデンサ・・空調機が大型機器の場合
業務用の空調機は高価なため、旧型な為、劣化や効率が悪い機器を使用していても導入コストが高価で難しいが、非常に安価なスーパーコンデンサを導入する事により、劣化による過負荷なコンプレッサーを助け、冷媒ガスを専用の物に入れ替えることにより、20%の「省エネ・省コスト」を実現します。
⑤ 旧型空調機の更新・・10年~15年前のものは約50~80%節電可能
現在の空調機は、上記の物と比べ非常に省エネ・省コストになっており、旧型の機器はコンプレッサー等の劣化によりかなり効率が落ちていて、現状を維持するために高負荷になり電気料金を圧迫しています。
⑥ 照明器具の変更
水銀灯、電球、蛍光灯をLEDやメタルハライド灯など、高効率の照明に交換することにより、導入費用に比べランニングコストで大きく還元が可能です。
⑦ デマンド監視装置
高圧受電の基本料金の削減に必要不可欠です。
当社がご提案するデマンド監視装置は他社が30分に一回の計測に対し、1分に一回の計測を行い、クラウド型にすることで、スマートフォンなどでも電力使用状況を確認でき、目標値を越えた場合にもすぐに対応出来ます。
以後の契約電力の目標達成や、日々の使用電力の監視、自助努力に大変お役に立ちます。
⑧ 生産性向上設備導入による減税措置の活用
中小企業投資促進税制や生産性向上設備投資促進税制を行使することにより、結果、新規設備導入費用をより軽減できます。
⑨ その他既設設備、使用方法の見直し
夜間照明の点灯方式や、センサーを使用し、さらには自助努力を行うことにより、無駄な電気をカットします。

工場の場合

低圧電力(電灯・動力)でご契約の工場

テナントの共有部は、来店されるお客様の為に常時多くの電気を使用しています。共有部の電気料金契約、既設設備を見直すだけで、約30~60%「省エネ・省コスト」ができ、つまり結果利益に還元できます。中には現在の共有部契約を電化上手に変更でき、破格の省コストが実現できる場合もあります。各テナントやご入居の業者様もご相談下さい。

① 電子ブレーカー
共有部の電気料金契約は、負荷設備の積み上げによる負荷契約になっています。電子ブレーカーを使用し契約変更し、今までの半分ほどの契約料金に変え、格安で電気を安定的に使えるシステムです。
② 蓄熱暖房機
蓄熱暖房機を使用し、共有部において100Vの電気料金を、「従量電灯C」から電化上手に契約変更することができ、基本料金・使用電気料金を安くするシステムです。
③ スーパーコンデンサ・・空調機が大型機器の場合
業務用の空調機は高価なため、旧型な為、劣化や効率が悪い機器を使用していても導入コストが高価で難しいが、非常に安価なスーパーコンデンサを導入する事により、劣化による過負荷なコンプレッサーを助け、冷媒ガスを専用の物に入れ替えることにより、20%の「省エネ・省コスト」を実現します。
④ 旧型空調機の更新・・10年~15年前のものは約50~80%節電可能
現在の空調機は、上記の物と比べ非常に省エネ・省コストになっており、旧型の機器はコンプレッサー等の劣化によりかなり効率が落ちていて、現状を維持するために高負荷になり電気料金を圧迫しています。
⑤ 照明器具の変更
水銀灯、電球、蛍光灯をLEDやメタルハライド灯など、高効率の照明に交換することにより、導入費用に比べランニングコストで大きく還元が可能です。
⑥ 生産性向上設備導入による減税措置の活用
中小企業投資促進税制や生産性向上設備投資促進税制を行使することにより、結果、新規設備導入費用をより軽減できます。
⑦ その他既設設備、使用方法の見直し
夜間照明の点灯方式や、センサーを使用し、さらには自助努力を行うことにより、無駄な電気をカットします。
高圧電力(500kw以下)でご契約の工場:高圧電力A・季節時間帯別電力A

電力会社の見直しや、既設設備を見直すだけで、約6%~40%利益に還元できます。しかも、導入コスト0円の物もあります。中には現在の契約によっては低圧受電に変更でき、破格の省コストが実現できる場合もあります。

① 新電力(PPS)
東京電力から購入している電気を他の電力会社から安く購入し、安くなった電気料金分をオーナー様や管理組合様に還元するシステムです。
② 電子ブレーカー
共有部の電気料金契約は、負荷設備の積み上げによる負荷契約になっています。電子ブレーカーを使用し契約変更し、今までの半分ほどの契約料金に変え、格安で電気を安定的に使えるシステムです。
③ 蓄熱暖房機
蓄熱暖房機を使用し、共有部において100Vの電気料金を、「従量電灯C」から電化上手に契約変更することができ、基本料金・使用電気料金を安くするシステムです。
④ スーパーコンデンサ・・空調機が大型機器の場合
業務用の空調機は高価なため、旧型な為、劣化や効率が悪い機器を使用していても導入コストが高価で難しいが、非常に安価なスーパーコンデンサを導入する事により、劣化による過負荷なコンプレッサーを助け、冷媒ガスを専用の物に入れ替えることにより、20%の「省エネ・省コスト」を実現します。
⑤ 旧型空調機の更新・・10年~15年前のものは約50~80%節電可能
現在の空調機は、上記の物と比べ非常に省エネ・省コストになっており、旧型の機器はコンプレッサー等の劣化によりかなり効率が落ちていて、現状を維持するために高負荷になり電気料金を圧迫しています。
⑥ 照明器具の変更
水銀灯、電球、蛍光灯をLEDやメタルハライド灯など、高効率の照明に交換することにより、導入費用に比べランニングコストで大きく還元が可能です。
⑦ デマンド監視装置
高圧受電の基本料金の削減に必要不可欠です。
当社がご提案するデマンド監視装置は他社が30分に一回の計測に対し、1分に一回の計測を行い、クラウド型にすることで、スマートフォンなどでも電力使用状況を確認でき、目標値を越えた場合にもすぐに対応出来ます。
以後の契約電力の目標達成や、日々の使用電力の監視、自助努力に大変お役に立ちます。
⑧ 生産性向上設備導入による減税措置の活用
中小企業投資促進税制や生産性向上設備投資促進税制を行使することにより、結果、新規設備導入費用をより軽減できます。
⑨ その他既設設備、使用方法の見直し
夜間照明の点灯方式や、センサーを使用し、さらには自助努力を行うことにより、無駄な電気をカットします。
高圧電力(500kw以上)でご契約の工場

電力会社の見直しや、既設設備を見直すだけで、約6%~40%利益に還元できます。しかも、導入コスト0円の物もあります。中には現在の契約によっては低圧受電に変更でき、破格の省コストが実現できる場合もあります。

① 新電力(PPS)
東京電力から購入している電気を他の電力会社から安く購入し、安くなった電気料金分をオーナー様や管理組合様に還元するシステムです。
② 電子ブレーカー
共有部の電気料金契約は、負荷設備の積み上げによる負荷契約になっています。電子ブレーカーを使用し契約変更し、今までの半分ほどの契約料金に変え、格安で電気を安定的に使えるシステムです。
③ 蓄熱暖房機
蓄熱暖房機を使用し、共有部において100Vの電気料金を、「従量電灯C」から電化上手に契約変更することができ、基本料金・使用電気料金を安くするシステムです。
④ スーパーコンデンサ・・空調機が大型機器の場合
業務用の空調機は高価なため、旧型な為、劣化や効率が悪い機器を使用していても導入コストが高価で難しいが、非常に安価なスーパーコンデンサを導入する事により、劣化による過負荷なコンプレッサーを助け、冷媒ガスを専用の物に入れ替えることにより、20%の「省エネ・省コスト」を実現します。
⑤ 旧型空調機の更新・・10年~15年前のものは約50~80%節電可能
現在の空調機は、上記の物と比べ非常に省エネ・省コストになっており、旧型の機器はコンプレッサー等の劣化によりかなり効率が落ちていて、現状を維持するために高負荷になり電気料金を圧迫しています。
⑥ 照明器具の変更
水銀灯、電球、蛍光灯をLEDやメタルハライド灯など、高効率の照明に交換することにより、導入費用に比べランニングコストで大きく還元が可能です。
⑦ デマンド監視装置
高圧受電の基本料金の削減に必要不可欠です。
当社がご提案するデマンド監視装置は他社が30分に一回の計測に対し、1分に一回の計測を行い、クラウド型にすることで、スマートフォンなどでも電力使用状況を確認でき、目標値を越えた場合にもすぐに対応出来ます。
以後の契約電力の目標達成や、日々の使用電力の監視、自助努力に大変お役に立ちます。
⑧ 生産性向上設備導入による減税措置の活用
中小企業投資促進税制や生産性向上設備投資促進税制を行使することにより、結果、新規設備導入費用をより軽減できます。
⑨ その他既設設備、使用方法の見直し
夜間照明の点灯方式や、センサーを使用し、さらには自助努力を行うことにより、無駄な電気をカットします。
↑UP